SOLID

STORE INFORMATION矢印

SOLID

Message.

宮本豊彰

受け継がれる想いをカタチにして

私が子供の頃、個人商店のタンス店だった我が家には、部屋中にタンスがあり、モノの価値を知らない私は、よくそのタンスに、キャラクターのシールを張り付けては、父親によく叱られたものです。

私は、10代の時に父親を、20代の時にタンス屋の創業者である祖父を亡くしました。父親がメンテナンスしたテーブル。祖父が残してくれたタンスは、捨てるに捨てきれず、大人になり、子を授かって、私はその意味を考えました。触れるとなんだか温かく、子供の頃に付けた傷は残ったまま。

「なぜ消さなかったのか?」

息子とメンテナンスをしたときに、私は初めて、その意味を知りました。家具が、ずっと自分の成長を見てくれていたことを。愛着を持って、長く使い続けることの意味。その風合い。

私は、父親と祖父が残してくれた家具から、多くの事を学びました。本物を使い込むことで、古くなってもなお、審美性を高めていけるモノ。使い捨てが繰り返される世の中で、そんなモノがあるという事を、皆様に生涯かけてお伝えしていきたい。

オール無垢材、自然素材の家具を、このSOLIDで実現していきたいと夢に見ました。自らが手を加え、育てていく事で実現する、未来のヴィンテージ家具の可能性。そして、そのモノに詰まった数々の想い…

SOLIDがカタチにし、お使いいただく皆様が、完成形にしていく事で、使うヒトにとって何にも代えがたい、「かけがえのないモノ」として、後世にまで受け継がれていく事を心から願い、ご挨拶とさせていただきます。

永野洋平

日々魂を込めて『ものづくり』を

SOLIDは、ミヤモト家具とナガノインテリアとの共同プロジェクトです。

新たなブランドを、1インテリアショップ、1メーカーだけで構成される新店舗作りは、全国でもあまり例のない企画ではないかと思います。

それだけに、私自身も、ナガノインテリアの社員も、ミヤモト家具も、みんなが燃えています!

SOLIDは、これまで築き上げてきたミヤモト家具との信頼関係をもとに、今までに無かったものをお互いに引き出して、一つのブランドを構築していきます。全員が本当にやりがいを持って挑んでいますし、ミヤモト家具と共同で作り上げることに、これからの可能性を大きく感じています。

富山のみならず、全国にこのSOLIDを広めていけることを夢見ていますが、その夢を現実出来るように、日々魂を込めてものづくりに励んでいきたいと思っています!